スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

...a hint of summer

2015年03月16日 10:39

...a hint of summer


パターン:...a hint of summer by Isabell Kraemer
       
使用糸:毛糸創庫Camel コットンカシミヤ 水色、 パープル
使用針:3.75mm


Vネックのものは好きじゃなかったはずなのに
急に無性にこのパターンが編みたくなり
とりあえずお試しに編んでみようと毛糸創庫さんのコットンカシミヤをチョイス。
この糸でravelloを編んだときに、うっすら気付いていたと思うのに何故かえらんでしまったこの糸。
糸はすごく肌触りよくていいんです。
ただ輪編みに向かないというか、微妙に斜行します。
ブロッキングのとき出来るだけ戻しましたがまだすこし斜行している。。。

ま、自分が着る普段着用なのでいいんですけどね。
ちょっとそこを失敗しました。
いずれ別の糸で編み直すかも。

ラベノートはこちら

Friday again

2015年03月05日 21:29

Friday again


パターン:Friday again by ANKESTRiCK
       
使用糸:The Uncommon Thread Uncommon Everyday  Leaden 100g 400m x 2.47個
使用針:3.5mm


こういうシンプルなプルオーバーほど質のいい糸で編みたいと切望し
チャンスがあったので購入した秘蔵のThe Uncommon の糸で編んでみました。
ジーンズの色あせた感じの色合いで、色むらの出方も好みの糸。

パターンは編みはじめにちょっと??となる部分があったけど
写真をガン見して意味を理解。
あとは粛々と編むのみ。
ボディ部分を仕上げた段階でテストニットやら用事やらに忙殺されて
袖を編むのに時間がかかったため
一部間違いを犯してしまったことに気付いたのは全て編み上がってから。
そのまま目をつぶりました。
わかる人にしかわからない間違いだから。
ねじり目にするのを忘れたのなんて言わなくちゃわからない!
まじまじを編み目をみないかぎり気付かない!
ま、負け犬の遠吠えですけどね。てへ

着丈を短めにして袖丈も七分袖にすればぎりぎり2カセで足りたかもの仕上がりでした。
中途半端に糸があまったのが残念。
でもこの糸好きなのでまた別の色と合わせてショールにすればいいかな
とも思ってます。

ラベノートはこちら

Cable Tunic

2015年01月22日 11:22

Cable Tunic


パターン:Cable Tunic by Marianne Isager
       
使用糸:Isager Strik Alpaca 1 50g 400m x 3個
      Isager Strik Højlandsgarn (Highland Yarn) 50g 280m x 4.5個
使用針:3.5mm, 3.75mm, 4.0mm, 3.0mm


これ、最初にイサガーさんの本を購入したときには目に入ってなかった作品でした。
でもキットセールのご案内をみたときには心動かされ衝動的に購入。
ちょうどかせ糸を巻くのが面倒で何か編みたくてどうしよう と思案してた日に届いたので
いちもにもなくCO。
編んでいく途中にいろいろ妄想して、ケーブルの幅を変えるか悩んだ末に
ケーブルの幅は変えずに針の号数をあげて少しでも身幅に余裕をだし
かつAラインが綺麗に広がっていくように工夫しました。
ま、結果的に顕著な効果が現れているとは思えないけど(苦笑)

本の通りに編むと半袖なのですが、
どうにもあの袖の感じが受け入れられず、
勝手にケーブル模様を続けて編んで脇下部分は裏編みのままで減目できるようにと変更し
適当に減らし目していって七分袖の長さに先に編んでおき
その後糸を使い切るまで着丈を編みました。
脇下52cm編めたので、背の低い私にはちょうどいい感じのチュニック丈になりました。
お尻はすっぽり隠れるので温かです。
ケーブルの模様をきりのいいところまで編みきったので最後のガーター部分は
アルパカ糸がなくハイランドウール一本どりでガーダーを編みました。
ジッと見つめなければ違いはわかりません。

それにしてもキットに入っていたまるまる残ったハイランドウールをどうしよう。
これって糸長の計算がされていないとしか思えないキットです。
アルパカは50gで400mなのでそれが3個で1200m。
ハイランドウールは50gで280mなのでそれが5個で1400m。
でもキットではハイランドウールは6個入ってきました。
イサガーさんの本にもハイランドウールは300gつまり6個必要となっています。
うーん、ちゃんと検証してないのか?!

ラベノートはこちら

Drop Shoulder Pull

2014年08月05日 09:48

Drop Shoulder Pull


パターン:p.81 Dropped shoulder pullover by La Droguerie
       
使用糸:ピエロ カルタ 40g 122m
使用針:3.75mm


違うものを編もうと買っておいた糸なのだが、
諸般の事情により編もうと思ったパターンから心変わり。
前から編んでみたかったこのプルに使うことにしました。

作りはいたって簡単なので自分サイズに変更。
身幅は指定より断然狭く、60cm。
着丈も糸の都合により45cm。
同じく袖丈も糸の都合により16cm。
そでもオリジナルの雰囲気は壊していないつもり。

ホントはこのパターンはリネンの糸で編みたかったんだけどね。
まぁ、在庫整理の目的なのでいたしかたない。

普段に着るのにちょうどよいプルオーバーの出来上がり。
まだ暑くて着られないけど。

ラベノートはこちら

SpliTTop

2014年07月29日 09:35

SpliTTop


パターン:SpliTTop by La Maison Rililie
       
使用糸;ホルストガーン quill 50g 350m x 2個 ivory x 0.02個
使用針:3.5mm


前作のレース糸のカーディガンを編んでるときにまたもや心射貫かれるパターンが発表され
しかも何を間違ったから指定糸を2玉だけ(ホントは3玉必要だった)購入して帰ってきたところ。
うーむ、これは何かのおぼしめしか。

ということで編むしかない。
カーディガンを仕上げたその日にCO。
これまたいろいろ小技が効いているパターンでした。
まず後ろの衿から編みはじめ。
確かにnote部分に「ストライプにすることはパターン内に書いてないわよ(意訳)」と
記述されているのはサラッと目を通していたのに
編みながら「アレ?いつストライプにしろって指示がでてくるんだろ??」と悩み
再び人様の作品をガン見してみるに私はストライプにせず編み進んだ模様。
えぇ、ほどきましたよ、あっさりと。
はい、仕切り直し。
ストライプにしつつ肩のケーブル模様が入りと
あちこち目を配りながら編み進めます。

で、袖はスリットが入ってるというかあいてるんですよ。
おばちゃん的にどうなの?と一瞬悩んだし、
当初の予定では袖は普通に編もうかな と思っていたものの
やっぱりこのデザインの肝なんだからと指示通りに編むことに。

私が編んだのはSサイズなのですが、微妙に指定通りに編むと
糸が足りなくなるのはわかっていたので脇から下の部分で少し短めに編みあげました。
きっちり2玉で使い切り。
残り2mもないほど。
最後はビクビクしながらでしたね。
最後にi-cordがあるのでそれが足りなかったら嫌だなぁ
どうやって誤魔化すかなぁといらぬ心配をしまくりました。

差し色の糸はたった3gの使用です。
どっかに余って居る糸で十分。
たまたま同じメーカーの糸を持って居たので同じ糸で揃えましたが
もしなかったら余り糸袋をあさって適当に合わせたでしょうね。
それで十分。
長さを出すために裾部分にストライプを入れようかなとも考えました。
実際にラベリーのプロジェクトページにはそうしている方もいらっしゃるので。
でもまぁ、ぎりぎり足りそうだったのでストライプを入れないで終わりました。
短めのトップスなのでロングスカートとの相性も良さそうです。
まだ暑くて着られないのがちょっと悲しい。
秋口になって涼しくなったらヘビロテ予定。

ラベノートはこちら


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。