スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silver Cape

2011年12月24日 09:02

Silver Cape


パターン:毛糸だま 秋号 No.151
      p.53 Poncho by Yoshiko Hyodo (兵頭良之子)
       
使用糸:シルクハセガワ スノードロップ 100g 500m
      シルバーグレイ 2本取り 288g
使用針:4.0mm, 4.5mm, 5.0mm


友人に「ケープみたいな感じのすっぽり覆えるの作って」と頼まれました。
そのときひらめいたのが毛糸だま秋号2011のこの作品。
写真で見る限り素敵に見えたんですよ。
モデルさんも可愛いしね。
でも、どこかのブログで作れられた方が
「サイズどおり編んだらきつくて身動きがとれない」
と書いてらっしゃったのを拝見して、
こりゃちょっとゆったり目に作らないとね と再計算。
指定では90cm幅でしたの。
編みもの教室で先生に
「私をぎゅっと縛るように計ってください!」とお願いして
ぎゅっとしたところを少し緩めてサイズだし。
ま、110cm検討で行きましょうということに決定。
友人はちょっとばっかしふくよかですからね。

下から編んでいき、針の号数を変えることですぼめていくという手法。
でもね、ちょっと失敗でした。
長方形なものなので、ポンチョとして着用するには難あり。
肩口のとこらへんで少し減目したほうが良かったですね。
襟元がビロローンと伸びちゃいます。
写真撮るときは後ろに引いたり前に寄せたりしてごまかしましたけど
実際使う段になるとどうなんでしょ?
結局ボタンをはずしてストールのように巻くとか
襟元をブローチなどでとめるとかしないと
意外と使いにくそうですよ。
ま、全体を覆っているのでレース地でも暖かいですけどね。

自分的には見た目と使い勝手の落差に残念、無念。

あ、この糸は素敵です。
もちろんのことセールで購入してますけど、
これなら定価で必要なときに購入しようと思います。
艶があって柔らかくて軽くてなんとも言えない質感ですよ。
でも近頃のシルクハセガワさんは新しい糸でも売り切りで定番化されないんですね。
この糸も売り切ってましたからね。
そこが難点ですな。
だって新しい糸ってとりあえず何かで使ってみて
「お!これはいい♪」と思って、
次回何かを編もうと決めたときに再び必要量を購入したいじゃないですか。
でもそれが出来ないので在庫を増やすという辛い状況に陥る訳ですよ。
そんな在庫をなんとかすべく現在邁進しておりますけどね。(苦笑)
とりあえずセールのときにショールにするか着るものにするかを決意して
適当量見積もって購入する この図式が大事です。はい。


       


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/98-c8c59cc2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。