スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miette

2011年10月21日 18:44

Miette


パターン:Miette by Andi Satterlund
       
使用糸:RichMore ALPACA(Fine) 25g 80m x 10個 250g
使用針:5.0mm , 4.5mm


糸を二本取りで編んでます。

Miette


ホントはこのパターン、もっとラブリーな色で編もうと思っていたのですが
母が誰かからもらったという糸が250gしかなく、
「出来ればカーディガンでお願いね」
ということだったのでトップダウンのものしかない!
しかも模様編みなどほとんどなくて糸をくわないもの
となるとこれしかなかったのでした。
アルパカちゃんなのでしっとりもちっりした風合いの糸で
すごく気持ちいいです。
毛羽毛羽もあまりしてなくて扱いやすい糸。
今も売ってる糸ですかね?
なんせおばさま方が持ち込む糸はかなり古いものが多いので
追加購入なんてできませんから。

実はこのカーディガンになるまえに
今話題のcontiguous methodというのを使って、
リーフ模様のカーディにしようかと頭をかなり捻って編んだんですよ。
だけど、どうあがいてもベストくらいにしかならない
と判断できるまで、つまりほぼ身頃全部を編んでみて糸がなくなるという事態発生。
泣く泣く全ほどきしてシンプルなパターンに変更したといういきさつあり。
怨念のこもったカーディガンです。(苦笑)

私が持ち込んだココナッツのボタンより、
母が自分で在庫していた高級感あふれるボタンのほうが
よりしっくりときて、
「あぁ、ボタンひとつでこんなに作品の表情が変化するのね」
としみじみ思ったものでした。

ボタンって高いですが、いいものを使うとワンランク上の作品に変身するので
経済が許せば、出来るだけいいものをつけたほうがよいですね。
勉強になりました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/77-1484d18f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。