スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NICO

2014年12月04日 09:03

NICO


パターン:Nico by Reiko Kuwamura
       
使用糸:Three Irish Girls Extrafine Merino Lace Gavin 100g 732m x 0.69個
使用針:4.0mm


Joujoukaさんの新しいショールをテストニットさせていただきました。
最初にプロトタイプをラベリーにアップされた段階で「素敵!」とラブコール。
当初は10月末にはテスト開始と伺っていたのでその時期ちょうど友人宅でドッグシッターをするため泊まり込みの予定があったので早めに糸を用意して準備万端整えて泊まり込んでいたものの連絡が来ずちょっと心配するも、「まぁ、みんないろいろ予定は変わるものだからねぇ」と気長に待っていたら1ヶ月ほど遅れてパターン到着。
さっそくサクサクっと楽しく編み進めるもどうも写真と同じじゃない。
なんか変?

よーく読むと私が致命的ミスを犯していること発見。
そのことも全てフィードバックして訂正版では絶対間違いのないように書き直されているのを涙しながら読んで、私は間違った部分をほどいて編みなおし。
えぇ、皆さんの踏み石となって頑張りました!(苦笑)
ビーズの編み込み部分を勘違いして編んでしまっていたのです。
とても残念な状態になったのは言うまでもありません。
どんな残念さかというとこんなの。↓

NICO


渡した糸の処理に「??」と思いながら突き進むからこんな結果になったのでした。
渡した糸はビーズの編み込みのとき一緒に二目一度で編みます。
お間違いなきように!

ちなみに毛糸の色はこの間違い写真が一番正しい具合に写っています。

ブロッキングは直前に編んでいたRock Islandと違って超楽ちん!
増やし目で作った掛け目に棒を通してまっすぐにピンと張り、
あとはたった7個のツンツンを作るだけだったので。

これ、思ったよりビーズが埋もれちゃう感じがします。
ビーズの数も少ないので大きさも大きめのビースを使用して、
色も冒険しても全く問題なく素敵にしあがります。
私はMIYUKIビーズの4mmの白を使ったものの生地になじんじゃったので
ちょっと残念な感じ。
パターンでは糸をいったん切ってビーズを通して編むように書かれていますが、
私は糸を切らずに本体からそのまま編み進め、かぎ針でビーズを入れました。
(糸始末の手間をはぶいて、ビーズを入れる手間をとった という感じです)

ラベノートに別写真あり。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/329-e8996f84
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。