スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SpliTTop

2014年07月29日 09:35

SpliTTop


パターン:SpliTTop by La Maison Rililie
       
使用糸;ホルストガーン quill 50g 350m x 2個 ivory x 0.02個
使用針:3.5mm


前作のレース糸のカーディガンを編んでるときにまたもや心射貫かれるパターンが発表され
しかも何を間違ったから指定糸を2玉だけ(ホントは3玉必要だった)購入して帰ってきたところ。
うーむ、これは何かのおぼしめしか。

ということで編むしかない。
カーディガンを仕上げたその日にCO。
これまたいろいろ小技が効いているパターンでした。
まず後ろの衿から編みはじめ。
確かにnote部分に「ストライプにすることはパターン内に書いてないわよ(意訳)」と
記述されているのはサラッと目を通していたのに
編みながら「アレ?いつストライプにしろって指示がでてくるんだろ??」と悩み
再び人様の作品をガン見してみるに私はストライプにせず編み進んだ模様。
えぇ、ほどきましたよ、あっさりと。
はい、仕切り直し。
ストライプにしつつ肩のケーブル模様が入りと
あちこち目を配りながら編み進めます。

で、袖はスリットが入ってるというかあいてるんですよ。
おばちゃん的にどうなの?と一瞬悩んだし、
当初の予定では袖は普通に編もうかな と思っていたものの
やっぱりこのデザインの肝なんだからと指示通りに編むことに。

私が編んだのはSサイズなのですが、微妙に指定通りに編むと
糸が足りなくなるのはわかっていたので脇から下の部分で少し短めに編みあげました。
きっちり2玉で使い切り。
残り2mもないほど。
最後はビクビクしながらでしたね。
最後にi-cordがあるのでそれが足りなかったら嫌だなぁ
どうやって誤魔化すかなぁといらぬ心配をしまくりました。

差し色の糸はたった3gの使用です。
どっかに余って居る糸で十分。
たまたま同じメーカーの糸を持って居たので同じ糸で揃えましたが
もしなかったら余り糸袋をあさって適当に合わせたでしょうね。
それで十分。
長さを出すために裾部分にストライプを入れようかなとも考えました。
実際にラベリーのプロジェクトページにはそうしている方もいらっしゃるので。
でもまぁ、ぎりぎり足りそうだったのでストライプを入れないで終わりました。
短めのトップスなのでロングスカートとの相性も良さそうです。
まだ暑くて着られないのがちょっと悲しい。
秋口になって涼しくなったらヘビロテ予定。

ラベノートはこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/308-8f93c10f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。