スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teardrop

2013年02月03日 10:25

DS1.jpg
DS2.jpg


パターン:Teardrop by Tokuko Ochiai
       
使用糸:アトリエ・トワイン コットンドライ(廃盤) 
使用針:4.0mm



テストニットもう一枚。
Amirisu Issue #2 から Teardrop も編ませていただきました。

こちらも「糸は買いたくない」をつらぬいて手持ちの糸で勝負。
ゲージが指定より大きいのでxsサイズを編んでMサイズを目指しました。
(だから楽だった♪)
近頃トップダウンばかり編んでいたので久しぶりのボトムアップ。
でもヘム部分だけであとは輪編みなのでたいして変わりませんが。

ヘムを前後繋げて輪編みにするときに両サイドの目を重ねて
k2tog と ssk で処理し、
次の段で両サイド M1 で増やして元の目数に戻しました。
なんとなくヘムの間が間延びする感じがして
この手のもののときはいつもやる手順です。
これは個人の好みなので別に気にならない方はそこまでする必要はないと思いますけどね。

悩んだのが涙開き部分のI-Cordの編みつけ方向。
指定とは逆方向で編みつけていたらしく思ったようにボタンホールが仕上がらず
問い合わせしたものの既に処理していたので面倒になり
ボタン留めちゃえば見えないよね?!と超適当にやっつけて終了。
テストニットとしてはあるまじき行為ですかね。へへへ。
でもまぁ、こうやって勘違いする人が出るかもだから詳しく書いたほうがいいですよー
と生意気に意見しておきました。
これでテストニッターの使命は果たした と思ってます。フフ

パターン指定のものより糸が太かったので
I-Cordを指定の4目で仕上げたのでちょっとぽってりとした仕上がりになりました。
3目のI-Cordのほうが良かったかも。
ま、自分用なので全然気にしませんから直しませんけど。

(涙開き部分の写真は ラベノート をどうぞ)

意外と涙開き部分が大きいんですよ。
冬糸で編む場合はその辺考慮されたほうが良さそうです。
夏糸なら全然気にならないけど、冬は寒いでしょ?コレってくらいです。(笑)


シマシマ好きな私としては、縞で段数も簡単に数えられるし、
次の縞を作りたくてサクサクと進むデザインのプルでした。
色の組み合わせ方で雰囲気ががらりと変わると思うので
楽しめるデザインですよ、コレ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/179-0af9c95c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。