スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cotton Linen Cardigan

2012年04月27日 15:23

Cotton Linen Cardigan


パターン:Linen Cardigan by naganasu
       
使用糸:ハマナカ ポームコットンリネン #201 25g 66m x 11.8個
     ハマナカ ポームベビーカラー #92 25g 70m x 0.5個
使用針:3.5mm , 3.0mm


テストニット っちゅうのをさせていただきました。
「させてください!」と自分で手を上げておいて、
ものすごーく緊張して編みものをして疲れました。ゼィハァ。

リネン糸ってゲージが出しにくく、
なおかつ近頃自分で「なんか手が緩くなってない?!」と疑問に思っていたので
今回は意識してきつめに糸を引き気味にして
それでも針の号数を落としてようやくなんとか指定のゲージを出すという大変さ。
フランス式の編み方なんですが、
糸をフツーに人さし指にかけていたら緩むので、
ぐるぐるっと巻きつけるように糸をかけかえてスルスル糸を滑らないようにして
編み進むという我ながらしんどい方式を採用。
その昔は
「あなたは手が堅い!もっとふんわり編みなさい」
と叱れた過去を持っているのに
いつの間にか緩くなってるんですよ。
これって寄る年波?!

コットンリネンなので、リネン100%の糸より数段編みやすかったと思います。
その分ちょっと地厚な感じになりますが。
25g巻きなのでせっかくのトップダウンながら最低でも12回は糸始末がありました。
近頃はコーン巻きの糸で編んでいたので久しぶりに面倒な糸始末をやっつけた感が。

トップダウンで脇下まで来た段階で、
衿もとをやっつけました。
そうしておけばあとは袖分を取り除いて
編めるところまで長さが出せるから。
といってもそもそも1000m近くの糸長が必要なのに
私が持っていたポームは12玉。
66m x 12 = 792m
足りませんよね、最初から。
当初のもくろみでは袖たけ着丈ともに短く作ってしまえ!
と着手したのですが、
デザイン上あんまり短いのはバランスが悪くなるということに編んでから気づきました。
胸元でギャザーを寄せるデザインなのである程度の丈が必要です。
袖もいっそギャザー省略してまっすぐ袖にしようかと思ったものの
テストニットなんだからデザインに忠実にしなくちゃならぬ!
と思い直し、折り合いのつく袖丈にしました。
編んだ感触によるとあと3玉あれば、指定通りの着丈、袖丈になったはず。

後ろ身頃にギャザーを入れるアレンジもあったんですが、
それは無謀なので見送り。
私としては背中側はすっきりしたままのほうが好みというのもあったんですけどね。

最後のボタン付けがちょっと苦労しますね。
(当然、私は自分でしませんよ。実家に持っていって母に頼みます。
  いばることでもないが・・・恥)
上2つはネックバンドのところに縦にまっすぐ配置したものの
あとの2つは着用して位置決め。
少しずつずらして前が開くように配置してもらいました。

トップダウンでラグラン線の穴をみると全ての目で増やしているようでいて、
見せかけだけの穴というのもあって、
デザイナーさんの頭の中はどういう構造なんだろう?
と純粋に尊敬の念をこめて想像しておりました。
だってね、単純に増やし目してるんじゃないんですから
それってどういう計算をもとに思いつかれるんだろう?って不思議じゃないですか!

このカーディガンを編んで端編みを新たに会得しましたね。
「あ~、こんな風に編めば端がしっかりして、
前立てを作らないものも綺麗に着用できるのね。」
と感心しました。
この技、また使い回しできますね。
おかげさまで一つステップアップ出来ました。

なにはともあれ、無事締め切りまでに仕上げることが出来てホッとしております。
間に合う と思っていても
間に合わなかったらどうしよう と考えちゃう小心者ですから。
さ、この夏はこのカーディガン大活躍間違いなしです。

糸はこちら。
【ハマナカ】ポーム(コットンリネン)

【ハマナカ】ポーム(コットンリネン)
価格:304円(税込、送料別)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/131-d56fb36f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。