スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vulpix

2012年03月27日 16:38

Vulpix


パターン:Vulpix by Stephen West
       
使用糸:毛糸倉庫Camel カシミヤ 50g 245m
       サックス 43g ダークパープル 37g
使用針:4.0mm


ステファン様のショールKAL、3月のパターンです。
最初のシャークトゥースは「すごい!」って盛り上がったのに
1月はまったく萌えず、
2月も微妙なライン。
ま、作ってもいいかなぁ くらいだったんですが
諸々忙しくて放置している間に3月ショールがリリースされて
ようやくまたやっつけたくなりました。

だがしかし、ステファンのノートによると
「僕は長いスカーフが好きでこれなんか4回も巻けるんだよ!」(超意訳)
なんてほざいてましてね。
私は背が低いんだから長いスカーフなんて邪魔なだけ!
むしろ危険!
何かに巻き込まれて首が絞まったらどーするのよ?!
とあえて短めに作ることに。

どうやって短くするか とりあえずはshort-rowを倍の数字でやれば
長くならないよね
と簡単に考えてCO。
Section2のところで14リピートはあまりにもしつこい!
と9リピートで強制終了。
その結果、そのままインストラクション通り編み進めれば
自然と短くなるということに気づいてあとは頭を使わず言われるがままに編む。

Japanese short-row method(you tube)なるものが用いられています。
日本式の引き返し編み とは実はちょっと違うけど
前に毛糸だまでこのやり方の記事は読んだことがあるので
考え方はわかってました。
先に作った方々のノートによると
これをするのにわざわざ段数リングを買わなくても
クリップでやればいいのよ とか
安全ピンを使えばOK とか
書いてあったけどあえて段数リングを購入しました。
だって欲しかったんだもん。
クローバーの段数マーカーってやつ。


【CLOVERクロバー】段数マーカー

これまで持っていた古いタイプの段数リングはすぐ落ちるので苛ついてたんですよ。
このマーカーを引っ張って段消しのときに二目一度にするってのがミソ。
W&Tより綺麗に仕上がると思います。
今後はこの方法を採用しよっかなぁ。(気まぐれなので微妙)

このショール、楽しく編めたんですが
片方ずつでshort-rowをするので、糸を切る作業が結構あるんですよ。
ということは糸始末があるということで。
そのへんが面倒でしたね。
なんとか続けて編んじゃう方法はないかと思いましたが
考える努力をせず、いいなりに編みました。

スカスカ気味に編んでいたのでちょっとばかり不安だったのですが
宿絨させたらふんわりと目も詰まり、素敵に変身いたしましたよ!
来シーズンにはガシガシ使い倒します!
だってパープルのダウンに合うようにこの色にしたんだから♪


糸はこちら
 
新色 1358 カシミヤ100% ダークパープル

新色 1358 カシミヤ100% ダークパープル
価格:990円(税込、送料別)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mafuknit.blog100.fc2.com/tb.php/122-ca8037f9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。