スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Elis Ponch

2012年02月14日 07:26

Elis Ponch


パターン:Elis by Reiko Kuwamura
       
使用糸:アトリエ・トワイン アンゴラ・ウール(6)100g 375m 90g使用
使用針:5.0mm


ドットヨークセーターのヨークの水玉のためにだけ購入したこの糸。
恨めしいくらい糸長がある訳よ。
でも余らして置いておくのもしゃくに障るのでなんとか片付けようと思い立って作った作品。
Elisのインディアンクロスステッチがすごく楽しいので、それでポンチョ風にしちゃおっと
編みながら考える方式を採用。
トップダウンにすれば余すことなく糸を使い切ることが出来るけど、
なんとなく下から編んだんだけどね。
6の倍数の作り目。つまり156目で初めて、適当にインディアン・クロスステッチを繰り返し、
好きな長さまで編み進む。
それからやおら減らし目に入りまして、
dec1row: {k10, k2tog} repeat → 143sts
dec2row: {k9, k2tog} repeat → 130sts
dec3row: {k8, k2tog} repeat  → 117sts
dec4row: {k7, k2tog} repeat  → 104sts
5row: knit
dec6row: {k6, k2tog} repeat  → 91sts
7row: knit
dec8row: {k5, k2tog} repeat  → 78sts
カウル部分に来たらまた淡々とインディアン・クロスステッチを繰り返すと。
ま、こんな適当な感じで仕上げただけなんですよ。

肩口がすーすーする場合、寝るときこれを着て寝るとヌクヌクです。
外に着て行く用というより家着ですね。

この糸は水通しすると膨らむのでインディアン・クロスステッチの良さを
少しつぶしちゃう感じで失敗でしたけどね。
インディアン・クロスステッチはしゃらしゃらっとしてバッテンが見えるような糸のほうが
綺麗さが際だっていいですね。
前回作ったカウルのほうが断然素敵ですもの。
ま、これも勉強ですよ。えぇ。       
スポンサーサイト

Moonlight Night

2011年11月11日 19:42

Moonlight Night


パターン:Moonlight Night by Ochiai Tokuko
       
使用糸:Isager Strik Tvinni (Wool 2)
使用針:2.5mm


この作品、いま編みものを習いに行っている先生のパターン
キット発売されるというのを聞き込んでいの一番に手を上げて購入。
しかぁし!
キットだから書かれている通りに編めばいいから楽ちん
と思いきや
裾の模様編みまで編んで教室に持って行くと
「大きくない?ちゃんとゲージは取った?」
と厳しく先生から追求を受け、
「えぇ~!キットだからゲージなんて取らないですよぉ。」
とうそぶく私を
「ダメ!ちゃんとゲージ取って編んで。」
とにべもなく意見されて泣く泣くほどくはめに。
一緒に習っている方がほどくのを手伝ってくれました。
編み込みだから糸がこんがらがっちゃうのでね。
一番目数の多い部分480目なんですけど
そこをほどきました。
しかも2回も。(涙)

そんな苦労を乗り越えて月の編み込み部分のやり方を翌月のレッスンで習い
あとは一気呵成に仕上げましたよ。
月の編み込みはインターシャ編みっていうんですかね?
縦に糸を渡して編む方法をとってます。
この糸の引き加減が難しくて、出来上がりはいまいち。
まだまだ編み慣れないとダメですね。
裾の部分の編み込みは結構糸の渡し具合もうまくいって
つれることもなく仕上がり満足。
ちょっとコテコテの編み込みもやりたくなりましたね。
あぁ、でもこのポンチョは二度と編みませんよ!
だってね、2.5mmの針って細いんですよ。
日本の号数でいえば1号棒針(2.4mm)ですよ!!
最初からこんな細い針で編まなくちゃいけないとわかっていたら
絶対手を出しませんでしたね。
指定では3.25mm、日本の4号(3.3mm)くらいだったんですけどね。
手が緩いんでしょうか。
はたまた糸との相性でしょうかねぇ。
昔、母にさんざん「あなたは手がきついからもっとゆったり編みなさい」
と叱られたので緩くなったんでしょうか。


出来上がってさっそく着用して友達とあって
背中をみせて「ね、可愛い?!」と強調したら
「うわ!自分で編んだの?いいじゃん!」
と誉めてもらって満足しましたよ♪
誉められて人間は育つのです。

Moonlight Night


前はこんな感じで手を出す部分があるんですけど
どっちかというと裾をまくり上げて手を使っちゃいますね。


背が低いので先生のパターンより10段ほどはしょったんですけど
もう少しはしょってもよかったかな
という長さで仕上がりました。
薄くて軽いくせにヌクヌクなんですよ。
ガシガシ着て楽しもうと思います。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。