スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slope

2016年08月23日 16:53

Slope


パターン: SS15 | Slope by Shellie Anderson
         
使用糸: Hasegawa Corporation Amavile (Linen Lily) x 3.88個
使用針: 4.0mm


形が可愛くて「編みたい!」と思ったパターン。
だがしかし、メリヤス編みの端っこはどうやったって丸々ので少々知恵が必要となる。
パターンに指示はないけれど、アレンジして裾にはかぎ針編みで縁編みをあみつけ、
襟ぐりと脇も細編み&バック細編みで縁取りをする。

もてあましていた糸も使い切って、満足の仕上がり。



ラベノートはこちら
スポンサーサイト

All Season Knitting

2013年08月26日 13:53

All Season Knitting


パターン: p.96 All Season Knitting by Tomoko Noguchi (野口智子)
       
使用糸:毛糸創庫Camel コットンカシミア 杢イエロー
使用針:4.0mm


Rockfellerを編んだ残りの黄色の糸が残っていたので
二本取りにして編んでもたぶん編めるだろうと見切り発車をして編んだものの
最後の後ろ身頃あと10cmほどで糸切れ。
仕方なく追加注文。
何か間違っている気がするけど、ほんとにあと10cmで完成のところまで編んでいたので
ほどくのも忍びなくジッと糸待ち。
なかなか来なくて今シーズンもう着れないかもと思ったけど
まぁ間に合って到着。
さっそく暑い日に来ましたよ、意地で。

編み地は裏編み、メリヤス編み、リブ編み、鹿の子編み
この四つを組み合わせあるだけのシンプルな作り。
でも素敵なんだよねー。
こういう風に単純な編み方の組み合わせでも素敵なものに仕上がるというのを実感。
形にされると「あぁ、こうすればいいのね」と思うけど
一から考えつくデザイナーさんはやっぱりすごいねぇ。
クリエイティブな能力がないのでこういう部分はほんとに感心する。

衿と袖口には細編みとバック細編みを配置。
パターンは編みっぱなしだったんだけど、夏糸はそれじゃああんまりなんでね。

見た目なんということもないタンクだけど、
自分としてはこの夏の一番のお気に入り。
ま、普段着ですけどね。

ラベノートに後ろ身頃の写真あり。

Beaded Tanc

2011年07月11日 11:19

Beaded Tanc Beaded Tanc


パターン:Beaded Cami by Black Dog Designs
       
使用糸:シルクハセガワ ラルゴ(ピーチピンク) 50g 180m x 4個 199g
使用針:3.5mm


長いこと「編みたいものリスト」に入っていた代物を
ようやく形に出来た達成感。

ラベリーの日本語KALの7・8月のタンクKALでの一点。
本当の形はキャミソールタイプなんけど、
キャミタイプだと着る機会もないし(おばちゃんだから世間の迷惑)
タンクタイプにしておけば上に羽織物すりゃ、誰にもご迷惑をかけないでしょ?
ってことで変更。

そもそもまじめにパターンを読んでいなくて、
裾の模様だけいただいてあとは適当に編みながら考えて
作り上げていった感のあるタンク。
アレンジされている方の中に
肩紐部分をレース模様の半分で作られている方がいて
その方の真似っこしようと思っていたのに何故か気が変わって
普通の肩紐に変更。
その代わり初めてのバストライン引き返し編みに挑戦。

Beaded Tanc


脇下にきたところで2目ずつのW&Tで7回ほど。
なんとなく写真でわかるかなぁ?
いままでラベリーで「引き返し編みを入れたわ!」(当然、英語で書いてある)
なんて記述を読むと、一体どうやってやるんだろ?
と思っていたけど、やってみたら案外簡単なのね。

襟ぐり、袖ぐりには編み上がった段階で
細編みをぐるりと編み付け、バック細編み+一目鎖の繰り返し
(たぶん米編みとか言うんだっけ?)
をほどこして手抜き。
ついでに裾のレース模様が丸まるので、細編みを編み付けてみたけど
アイロンでおさえてもまだちょっと丸まる癖は残った。
たいして気にならない程度になったからヨシとしよう。

タンクものでしかも輪で編んでいると、ほとんど脇下まで来たら出来たも同然。
楽々と仕上がっていいねぇ~。

Sparrow

2011年07月04日 10:36

Sparrow Sparrow


パターン:Sparrow by Pam Allen
       
使用糸:シルクハセガワ グラーヴェ 50g 180m × 3.3個 165g
使用針:3.75mm


このパターン、実は有料パターンです。
だがしかし、私はパターンを買っていません。
近頃、編み物教室に通い始め、そこで製図することを習い
初めてマイサイズで編んでみた代物。

先生から「編みたいものを決めてきてね」と言われ
これなら単純そうだし編めるかも?!
とチョイスした作品。

もうね、ラベリーでこの作品を作った方々の写真を
そりゃあじっくり拝見しましたよ。
減らし目は脇でこんな風に作るのね とか。

Sparrow


もう気持ち丈を長くしても良かったかも と出来上がってから思ったけど
そこはボトムアップの作品の悲しいところ。
あとから直すわけにもいかず、これにて結果オーライにすることに。

ボタンつけは常に外注(母にやってもらう)出すことにしているものの
教室の日までに実家に行く用事もなさそうだったので
泣く泣く自分でやりましたよ。久~しぶりに。
悲しいことに裏ボタンが在庫してなくて、
ダンナのワイシャツを捨てるときに勿体なくて取っておいたボタンの
小さいタイプを寄せ集めて流用。
うーむ、微妙に悲しい感じに仕上がったけど、
ま、夏のワンシーズンものかもしれないのでとりあえずこれで完成。
気が向いたら実家に持っていき母に直してもらうかも。へへ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。