スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Skull Mitts

2016年12月27日 07:40

Red Skull Mitts


パターン: Skull Mittens by Jennifer Thompson
          
使用糸: Austermann Step Classic black 100g 420m x 0.22個
      Zitron Trekking XXL 570 100g 420m x 0.22個
使用針: 2.5mm, 2.0mm


他の方に作ったスカルミトンを見て
「私もあれ、欲しいわ」
と頼まれて再び編むことに。

色を反転させて編めば糸も効率よく使えるなぁと考えていたので
色を反転させて左右違いでよければ編みますよ
と返事すると、それでいいとのこと。
じゃあ編まないとね。

このオレンジからピンクに変化するzitrronの糸が既に売っていなくて
なんとなく欲しくてたまらなくなり、ひつじ師匠がお持ちなのを譲っていただくことに。

最初は白い糸を合わせて編むといい感じかしらと編み進めるも一模様編んでみて
全然違う!これじゃ糸が生きてこない!
と濃い色との組み合わせに変更。
黒にしてみたらどんぴしゃり。

模様があるものは早く先が見たくてどんどん編み進めれられるので
仕上がりが早い。
だがしかし、指先を五本付けてあげたので
(自転車に乗る方なのでそのほうが使い易いと思って)
結構最後の仕上げが面倒だった。
自分で自分の首を絞めた結果に。
でもまぁ、使用感は五本指あるほうが絶対いいと思うので
チマチマ編みましたよ。

おもしろい仕上がりに我ながら満足。(笑)


ラベノートはこちら
スポンサーサイト

Didier

2016年12月20日 08:59

Didier


パターン: オリジナル
使用糸: ピエロ アルル 30g 107m  ピエロ シフォン 30g 107m  
       グレー 0.9個  青 0.32個 緑 0.05個
使用針: 2.75mm


残っていた糸で上手に何か編めないかな
と試行錯誤してまたドット絵アプリでお絵かきをポチポチ。

なんとか渡り目が5目以内でと考えるとおもしろくない模様しか思いつかなかったので
糸が渡っても裏で絡ませて編めばよい!と割り切って
大きめのお花模様をどんと手の甲に配置。
緑の部分は一応、クローバーのイメージで。

親指部分にもお花っぽく模様を配して結構頑張った私。

didier


お花っぽく見えているのは自分だけかもしれないという一抹の不安も、、、



ラベノートはこちら

GInger

2016年12月14日 08:55

ginger


パターン: オリジナル
使用糸: Zitron Trekking XXL (615) 100g 420m x 0.29個
使用針: 3.0mm, 2.5mm


写真では見えづらいけど一応模様ありのパターン。
裏編みでクロスのような模様を入れてあります。

シンプルに作ったので、面倒だけど指先も作りました。
後本指の手袋を編むのと同じ要領で1cmほどのゴム編みを各指に。

リブの部分はモックケーブルを配置。



ラベノートはこちら

Arrows Mitts

2016年12月07日 08:50

Arrows Mitts


パターン: オリジナル
使用糸: Austermann Step 100g 420m
       0290(マルチ) 0.19個   1010(ネイビー) 0.23個
使用針: 2.75mm



だいぶ前に自分で考えたパターンなのにすっかり忘却の彼方。
パターンをダウンロードしてきて真面目にレシピを読んでからCO(笑)

編み込み好きでただいま絶賛編み込みラブ中なので、
ずーっと編んでいたいくらい模様を追って編み編み。
色の変化がある糸を配色糸に使うと表情がおもしろくて好き。

ラベノートはこちら

Mittens with Kittens

2016年11月16日 08:16

Mittens with Kittens


パターン: Mittens with Kittens / Валентинки by Natalia Moreva
         
使用糸: Zitron Trekking 6 fach 6 ply 150g 390m
       1700(白) 0.22個  1723(青) 0.17個
使用針: 3.75mm



うすうす気付いていたものの、私は手袋を編むのが好き。
でも残念ながら手袋ってそんなに需要がなくて
靴下のほうがいくら編んでも渡す先に困らないもの。
で、仕方なく靴下を編むものの、実際はワクワク度は手袋のほうが絶対上。

たまたまお世話になった方に猫好きな方がいて、
「あ~そうだ!あの方に猫の模様の手袋を編んでプレゼントしよう」
とひらめいて即CO。

ちょっと威張った感じの猫が可愛くてサクサク仕上がる。
色もたぶんお好きな色合いだと思うので
余り糸も上手に使い切れて満足。


ラベノートはこちら


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。